どうもMIYAです。

 

遂にWBSSが始まりましたね。

普段ボクシングを見ない人ももしかしたら観てるのではないでしょうか?

 

僕も勿論みてます。

僕は普段ボクシングそんなに観ないんですが、

ココ数年は山中慎介選手のネリ事件とか、

長谷川選手とか、結構ボクシングの選手がバラエティに出てくるのをきっかけに

結構観てます。

 

メイウェザーとパッキャオの試合とかも勿論観ました。

 

で遂に今日WBSSが遂に開幕!!

僕も井上尚弥の活躍を期待して勿論観てました!

 

一応WBSSを知らない人の為に簡単に解説していきます。

 

WBSSって何!?

 

「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」。

ヨーロッパで昨年スタートした新しい大会で、

各階級のトップ選手8人が集結し、トーナメントで優勝者を決める

ボクシング版ワールドカップ」です。

 

ボクシングって主要な団体だけでも4団体があります。

WBAとかWBCとかIBFとかWBOとか。

一度はなにかしら聞いた事あると思います。

 

で色んな団体があるし、

同じ階級でも世界王者が4人…..

 

結局一番強いヤツ誰やねん!

 

こんな感じww

 

 

で、このWBSSで決めちゃおう!!

 

ってのがこのWBSS

 

WBSSの出場選手と組み合わせ。

 

WBA世界バンタム級タイトルマッチ王者:井上尚弥(大橋)vs 挑戦者:フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)

 

WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ王者:キリル・レリク(ベラルーシ)vs 挑戦者:エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)

 

こんな感じです。

 

今回のWBSSはトーナメントなので、

バンタム級には、井上選手のほか、

WBA“スーパー”王者のライアン・バーネット選手(イギリス)、

IBF王者のエマヌエル・ロドリゲス選手(プエルトリコ)、

WBO王者のゾラニ・テテ選手(南アフリカ)という4人の現役世界王者、

さらには2人の元世界王者と無敗の新鋭2選手がエントリー。

 

激戦必死ですね。

 

しかし井上尚弥選手は現在無敗

16戦16勝14KO

しかも優勝候補の筆頭に上げられてます。

 

僕も期待して観てました。

 

対戦相手のパヤノって誰!?

 

対戦相手のパヤノ選手は、元WBA“スーパー”王者。

 

バンタム級V12王者の山中慎介選手と、2度の激闘を繰り広げたアンセルモ・モレノ(パナマ)からタイトルを奪いました。

初防衛戦に小差判定負けして王座を失いましたが、

その後は3連勝をマークしています。

 

WBSSの賞金はいくら??

 

第一回のWBSSはクルーザー級、スーパーミドル級で開催され、

賞金総額が約56億円、優勝者には10億円が贈られました。

 

第二回目はバンタム級のほかスーパーライト級とあともう一階級

その優勝賞金は400万ドル(約4億3836万円)と言われています・・

 

重量級に比べたら軽量級の方が賞金は安めです。

重量級の方が人気が高く、スポンサーが多いので仕方ないですが、

日本人の体格的に中軽量級が多いのは仕方ないですね。

 

 

実際の試合結果!

 

実際の試合を観てた方は分かると思いますが…..

 

 

 

 

まさかのワンツー…..

パンチ2発で終わりましたww

 

強過ぎ….

 

 

僕は普段日記的な記事は書かないけど、

井上尚弥選手に関してはかなり注目して観てるので、

書いてしまいましたw

 

 

今回のKOで日本の単独世界戦の連続KO記録の更新ですね…

 

 

いやー…

感慨深い。

 

今回のWBSSを観て、改めてボクシング面白い!!

 

次回の準決勝は来年の春。

しかも海外だと思うので、

行ける人は行きましょう!

 

相手は、

エマニエル・ロドリゲスVSジェイソン・マロニー(2018年10月20日)

の勝者と!

 

 

そう簡単じゃないかもしれないけど、時間とお金を投資する価値はあると思います。

 

PS…

僕は行こうと思います。

一緒に行きましょう!

 

 

 

PPS.僕の無料サロンでビジネスを学んで一緒に行きましょう!

無料なのでw

 

でわ!